【50代夫婦の車中泊体験】サービスエリアでの車中泊、実は怖いってホント?安全対策とおすすめSA・PAを紹介

SA車中泊
SA車中泊

    サービスエリアでの車中泊は、安全対策をしっかり行えば快適に過ごせます。

    不安な方は、24時間営業の施設防犯カメラがあるSA・PAを選ぶのがおすすめです。


    「サービスエリアで車中泊したいけど、安全面が心配…」

    そんな風に思っていませんか?

    広告

    映画やドラマで、人気のないサービスエリアで事件が起こるシーンを見たことがある方もいるかもしれません。

    実際に、50代夫婦の私たちも、初めての車中泊でサービスエリアに泊まる時は、少し不安を感じました。

    例えば、こんな不安…

    夜中に、人が近づいてきたらどうしよう…

    車上荒らしに遭わないか、心配…

    女性だけになった時、車中泊するのは、危険?

    広告
    道の駅+車中泊マップ drivePmap v3

    道の駅+車中泊マップ drivePmap v3

    無料posted withアプリーチ

    でも、安心して下さい!

    この記事では、僕ら夫婦がが実際に体験したサービスエリアでの車中泊の注意点安全対策、そして安心して過ごせるおすすめのSA・PAを紹介します。

    この記事を読めば、

    ・サービスエリアでの車中泊の不安を解消できる!

    ・安全に車中泊を楽しむための具体的な対策がわかる!

    ・安心して車中泊できるおすすめのSA・PAが見つかる!

    さあ、私たち夫婦と一緒に、安全で快適な車中泊ライフを満喫しましょう!

    なぜサービスエリアでの車中泊は、怖いと感じてしまうのか?

    慣れてくると怖さはほとんどなくなる車中泊も、最初の頃は一睡もできなかったことがありました。
    どうして怖さを感じるのか?を、まとめてみました。

    1. 人通りの少なさ

    深夜になると、サービスエリアは人通りが少なくなり人気のない場所も出てきます。

    特に、大型トラックが駐車するエリアは、エンジン音アイドリング音が響き、周囲の音が聞こえにくくなるため注意が必要です。

    2. 防犯対策の不十分さ

    全てのサービスエリアに、防犯カメラがあったり、警備員がいたりするわけではありません。

    照明が暗い場所や、誰にも見えない死角になる場所もあり、不安を感じる方もいるでしょう。

    3. 閉鎖的な空間

    防犯上の理由で、車内は外から見えにくいため、周囲の状況を把握しづらい面もあり、何かあった時に助けを求めにくいという側面もあります。

    いくつかの不安を解消してあげることで、車中泊は快適に過ごせるかなと思います。

    危険な車中泊

    サービスエリアで安全に車中泊するための対策

    1. 24時間営業の施設があるSA・PAを選ぶ

    湖西道路和迩サービスエリア
    24時間開いているコンビニのある湖西道路和迩SA

    24時間営業のコンビニやレストランがあるSA・PAは、夜間でも人通りがあります。

    そのため、比較的安全です。

    また、何かあった時にすぐに助けを求められるという安心感があります。

    NEXCOのホームページを活用

    NEXCOのホームページでは、「SA」や「PA」の詳細な情報が掲載されています。

    SA情報
    「NEXCO西日本」SA・PA情報

    2. 防犯カメラがあるSA・PAを選ぶ

    防犯カメラが有るのか、無いのか、の確認をしましょう。

    防犯カメラがあることで、犯罪抑止効果が期待できます。

    3. 車内のセキュリティ対策を徹底する

    窓はしっかりと施錠し、カーテンやシェードで車内を見えなくしましょう。 また、貴重品は車内に置かず、身につけるか、鍵のかかる場所に保管しましょう。

    4. 周囲の状況に注意を払う

    車中泊する前に、周囲の状況を確認しましょう。

    人通りの少ない場所や、照明が暗い場所は避けるようにしましょう。

    5. 他の車中泊者と交流する

    同じように車中泊をしている人がいれば、挨拶をしたり、情報交換をしたりするのも良いでしょう。

    お互いに助け合える関係を築くことで、安心感が増します。

    車中泊グッズの活用で防犯!

    夜間の防犯対策として、私たちはポータブル電源を愛用しています。

    これがあればエンジンを切って、ドアを閉めても、照明や電気毛布、サーキュレータなどで困ることがありません。

    安全対策グッズ

    他にも、安全対策として、防犯ブザードライブレコーダーなどもあると、心強いです。

    車中泊暑さ対策

    慣れない場所の睡眠に・・・

    今回の記事で紹介した安全対策に加えて、以下のグッズがあると、より快適な車中泊が楽しめます。

    車中泊グッズも、自分好みのものを1個ずつ揃えていくのが楽しみなんだ。

    快適な睡眠をサポートする[マットレス・寝袋]
    寝心地にこだわると、車中泊の満足度が満点に近づいていきます。

    選ぶポイントは、寒さ・暑さ対策、重量、洗濯できるか、コンパクトか、など、色々です。

    車内調理に便利な[クッカーセット]
    ちょっとした料理なら車中泊の旅でもできます。

    そんな時に、コンパクトに収納できて軽くて丈夫なクッカーセットは、あると便利です。

    防寒対策に役立つ[電気毛布]

    冬に限らず、春や夏、秋でも夜中や早朝など肌寒い日があります。
    普通の毛布としても使えて、もしもの場合は電源を入れて暖かくしてくれるので重宝します。

    サービスエリアでの車中泊は、安全対策をしっかり行えば、快適に過ごせるよ。

    50代夫婦がおすすめ!安心して車中泊できた「宮島SA」「高瀬PA」

    夫婦で四国から本州に渡って、車中泊の旅に行ってきました。

    泊まったSAは、広島県のサービスエリア「宮島SA」です。

    夜中に着いて、一泊しました。

    朝が肌寒かったのですが、とても空気が澄んでいて清々しい気持ちになりました。

    鳥居からのぞく山々は、寝ている観音様のようなので、「寝観音」と呼ばれていると地元の人が話してくれました。

    TikTokで旅の投稿もしています

    @969144non

    【日本一周の旅】四国→本州しまなみ海道を通り広島で降りました。尾道を探索し再びハイウェイに戻ります。宮島SAで休憩をし朝から地元の方に教えてもらった「寝観音」を拝みました。遠くには「宮島」の嚴島神社 大鳥居が見えました。#宮島 #宮島sa #しまなみ海道 #癒される景色 #旅する50代 #日本一周中 #良いお天気 #綺麗な景色 #50代主婦 #お出かけ #自然風景 #高速道路 #尾道 #広島県 #ドライブ

    ♬ Refreshing beach drive music(1132037) – TRI Studio

    あと一つは、香川県の「高瀬PA」です。

    香川県は、森も多く、お店がそこまでたくさんありませんでした。

    その分、のどかで食べるものがとても美味しかった所です。

    「高瀬PA」は、穏やかな空気感で、身の危険を感じることもないままに、一晩を過ごしました。

    @969144non

    【日本一周の旅】香川県琴平町金刀比羅宮に行って来ました-その① 785段の石段を登りました。駐車場で杖を貸してもらいました。要らないと思っていましたがとんでもありませんでした笑50代ともなると杖は必要ですね🤣気持ちの良いお天気でした。#旅する50代 #日本一周 #綺麗な景色 #お出かけ #旅する #金刀比羅宮 #香川県琴平町 #桜馬場 #石段 #杖

    ♬ A magnificent orchestra depicting the world of Japanese-style koto Buddhism(1236821) – GTM

    まとめ

    サービスエリアでの車中泊は、安全対策をしっかり行えば、快適に過ごすことができますよ。

    それでも不安な方は、24時間営業の施設(コンビニやフードコートなど)や、防犯カメラがあるSA・PAを選ぶようにすると心強いです。

    他にも、車内のセキュリティ対策を徹底し、周囲の状況に注意を払うことも大切です。

    この記事で紹介した「対策」「おすすめのグッズ」などを参考に、安心して車中泊を楽しんでください。

    広告

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA


      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)