車中泊を楽しむ50代夫婦 気ままな旅は冒険

車中泊カーライフ

車中泊には興味はあるけど、分からないことがたくさん・・・

初めての車中泊は、何かとわからないこと不安もあります。

気になる車中泊

いろんな疑問が湧いてきますね。

そこで今回は、初心者向けに旅好きな私たちの「車中泊」基本ガイドをお伝えします。

車中泊の基本を理解する:50代夫婦のための入門ガイド

全国道の駅スタンプ
全国道の駅スタンプ

車中泊の魅力とは?50代夫婦にとってのメリット

阿蘇ひとり旅
阿蘇ひとり旅

旅好きな私は、暇があればいつもひとりで「ぶらり旅」をしていました。

夫は仕事があるので休めず、「3日以上の旅」になると一緒には行けません。

休みはシフト制で、毎月の見通しが立たないのです。

たまに、連休があります。

その時は、喜んで「旅のプラン」を考えます。

でもいつも急な話しなので、ホテルの予約をすると料金が高くて驚いてしまいます。

車中泊は、自由気ままな旅

旅の魅力は・・・

・自由気ままに、行きたいところに行けること
・食べたいものを、食べられること

車中泊の旅だと、この条件がいつもすぐに満たされます

車中泊の魅力

・思いついたら気軽に行ける

・時間に縛られない

・行く先が、自由に変更できる

・アウトドアキャンプよりも手軽にできる

・ノープランで出かけて、ドキドキ・ワクワクがある

・ホテル代や食事代などが節約できる

車中泊で何より楽しいことは、忙しい日常を忘れて大好きな自然に囲まれた場所自由な時間過ごせることです。

50代の私たち夫婦にとっては、2人の時間を過ごす良い機会となっています。

普段はゆっくり話せない会話も、ドライブをしている時や就寝前などいつまでも時間を気にせずにゆっくりと話せます。

車中泊の基礎知識:必要なもの

快適な車中泊を楽しむためには、事前のリサーチと準備は大事です。

・車内を快適に過ごす工夫
・食べるもの
・暗くなってからの照明
・寝る時のこと…

充実した車中泊ができるよう、必要なグッズがあります。

車中泊に関する「書籍」「YouTube」などで、事前に調べるのも良いですよ!

¥1,760 (2024/05/08 13:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

考えることもたくさんあります

・旅の時間配分
・旅のルート
・予算
・旅先で訪れたい場所をリサーチ
・旅先でしたいこと
・旅で食べたいもの・見たいもの
・眠る場所の確保

こうやって考えている時間も、至福の時です。

初めての車中泊に適した車

軽ワゴン
軽ワゴン

車中泊は、どんな車でもカスタマイズ次第でどれも適しています。

「キャンピングカー」「コンパクトカー」「SUV」など、自分たちのスタイルや予算に応じて対応できます。

「軽自動車」でも、まったく問題なく快適に過ごせます。

私たちのおすすめは、「軽のバン」です。

後ろが広いので、ものがたくさん積めます。

快適な車中泊環境の作り方

車内の収納テクニック

瀬戸内海を渡って

「ドライブ」の時間や限られた車内の「スペース」を快適にするために、収納グッズを賢く使います。

他にも車中泊におすすめの「グッズ」を使うことで、車内の荷物がコンパクトにまとめられるのです。

収納ボックス」「袋」ポーチ」などを使って、用途に分けて使い分けると良いでしょう。

便利な「収納ボックス」は、サイズもいろいろあります。

眠る時には、シートを倒して車内がフラットにできる役割もあります。

小さめ「ボックス」だと、足を伸ばした時の足置き場にもなります。

車内を整理し、足を伸ばして眠れる環境を整えることは「快眠」の秘訣

旅に出かける時に、持って行きます。

・屋外ではテーブル
・車内ではフラットにするための調整道具
・眠る時には、足置き場

収納以外にも使えて、便利です

寝心地快適♪マットや寝袋を使った寝具

快適な眠りを確保するために、マットや寝袋を使って車内の寝心地を整えましょう。

選ぶなら、コンパクトで軽い寝具が良いです。

最初は、家にあるものを代用しても良いです。
少しずつ揃えることも、楽しいです!

「しまむら」「ドン・キホーテ」などで、リーズナブルなものが売られています。

安価なものを購入して、荷物をコンパクトにすることもおすすめです。

小さく畳める「クッション」も、長時間過ごす車内では枕がわり・高さ調整などに役立ちます。

カーテンやサンシェードでプライバシーを保つ

プライバシーを守るために、「カーテン」「サンシェード」をうまく使って外からの視線を遮りましょう。


遮り過ぎると物が見えにくくなることもあります。

慣れないうちは配置を変えたり、場所を移動したりと、さまざまな工夫がいります。
慣れたら、快適な位置や場所が分かるようになります。

50代夫婦におすすめの車中泊モデルコース:九州編

九州地方のおすすめ車中泊スポット

大分ドライブ
大分ドライブ

九州には自然豊かなスポットが数多くあります。

別府や由布院などの温泉地や、九州の美しい海岸線を巡る旅はおすすめです。

九州の「道の駅」を活用したモデルコース

「道の駅」は、無料で利用できる施設が充実しています。

休憩や食事、トイレなどの利用が可能です。

九州の「道の駅」を巡りながら、旅を楽しみましょう。


九州の温泉地を巡る車中泊旅

九州には、数々の温泉地があります。

車中泊しながら、温泉でリラックスする旅も素敵ですよ。

大分の森の中を走って、ひと休みした小川です。

深い山奥でした。

空気が澄んでいて現地の人しか知らないような秘境に、「温泉」がありました。

この場所は、旅先で出会った山登り中の同年代のご夫婦に教えてもらいました。

ガイドブックに載っていない「隠れ名所」行けるのは、地元の「生の声」からです。

食事と料理の工夫

車中泊でも楽しめる簡単レシピ

車中泊でも「家にある調理器具」「キャンプ用品」で、簡単に美味しい料理を楽しめます。


自宅にある「カセットコンロ」を持ち込んでも良いです。
(*換気には気をつけてください 外での使用がおすすめです)

荷物になるなら・・・

料理をしなくても「道の駅」地元のお店で買ったものや、その土地ならではの名産品を食べるのも、とても楽しみです。

車中泊を楽しむことは、無理をしないことです。

無理をしないことリスト

旅の楽しみ方は、人それぞれです。

例えば・・・

・ホテルで、リッチに過ごしたい人
・海で、一日中のんびり過ごしたい人
・山登りが好きな夫婦 …など

私たち夫婦は、食べることが楽しみです。
「ホテル」に泊まらなくても、その分美味しい料理を食べることに比重を置いています。

ポータブル電源を使った電気器具

今までずっと、車中泊を楽しんできました。

そのなかで私たち夫婦が一番困っていやのは、「電源」の確保です。

小旅行であれば問題はありません。

でもさすがに3日間以上になると、電源に困ってきます。

少しばかりの電源であれば、車のシガーソケットから充電できるものがあります。

*こちらの商品は、モーター音がほんの少し気になるかもしれません。
でも車が動いている時にしか作動しないので、あまり気にならないという方向けです。

中級者になると「ポータブル電源」はぜひ揃えたいアイテムです。

ポータブル電源を使って、電気の調理器具を使った料理もできます。
簡易ではありますが、快適なキッチン環境の出来上がりです

車中泊料理に適した便利グッズ

車中泊料理をかんたんにするための「便利グッズ」を使いましょう。

コンパクトで使いやすいアイテムが、数多く販売されています。

私たちは、もっぱら「道の駅」でとても美味しそうなものを見つけるのが楽しみです。

そのまま車内に持ち込んで、食べて、一眠りが最高の車中泊なのです!!

トイレとお風呂問題

車中泊の際のトイレとお風呂

きらら
きらら

四国・香川県に車中泊旅した時の写真です。

思ったよりも、山道が延々と続く地方でした。

うどん屋さんのお店の多いこの町では、昼3時過ぎにはお店が閉まり始めました。

食べるものも、充電も、お風呂も・・・

何もかもないなかで、焦って、やっと見つけた場所が、「天然温泉きらら」香川県)でした。

私たちの事情を察してくれたスタッフさんには、とても親切にしてもらいました。
スマホの充電がなかったので、とても助かりました)

「SNSをフォローしますね!」と言ったら、「あとで私も見ます」と言ってもらってつながりました。

困った時に誰かが助けてくれるのも、旅ならではです。
そうして出会った人と、あとからでも繋がれることも嬉しいことです。

私たちの旅は無計画なことも多いのですが、四国の大自然は想像を超えました。

このように、車中泊中のトイレとお風呂の問題は、悩みの種です。

私たちは、「道の駅」の車中泊をよく利用します。
他にはオートキャンプ場RVパークでも設備が整っているので良く使わせてもらっています。

キャンプとは違って、便利なものはどんどん取り入れています。

車中泊は、トイレお風呂寝場所の確保が最優先です!

衛生的な車内を保つためのポイント

車内の清潔さを保つためには、定期的な掃除や消臭も欠かせません。

清潔な環境で、快適な車中泊を楽しみます。

利用できるトイレ情報の事前収集

車中泊中に利用できる「トイレの情報」を事前に調べておくと安心です。

地図やアプリを活用して、トイレ情報を調べておきましょう。

長旅の車中泊でいちばん大切なことは、「情報」です!!

安全とセキュリティ対策

車中泊中の安全対策

車中泊中で安全を確保するには、周囲の状況をしっかりと把握します。

不審者や危険な状況に、適切に対処することが重要です。

日中は人の出入りが多かった場所も、陽が沈むと誰もいなくなるのはよくあることです。

以前、東北の山奥で泊まる予定にしていた場所で「熊出没」の看板を見ました。

気がついたのは、日暮れ時でした。

それを見て、慌てて場所を移動しました。

車中泊の際の危険回避のポイント

車中泊する時は、周囲の環境や治安状況を見ます。

アンテナ張り巡らして、危険を回避するよう心がけましょう。

夜中になると「暴走族」も、よく出現します。
昼と夜とでは、見る世界が違ってきます。

こうした不測の事態があることも想定して、何かあったらすぐに警察に助けを求めることです。

山奥で道に迷ったり、行き止まりで引き返せなくなったりと「旅のトラブル」はつきものです。

でも危なくない方がベターです。
危険を回避できるように、用心して楽しんでください。

「道の駅」や「駐車場」での防犯対策

「道の駅」「駐車場」での、防犯対策も重要です。

明るい場所や監視カメラのある場所を選んで、停めます。

そうすることで「安心感」が得られます。

ただし明るい場所だと眠る時に眩しかったりするので、駐車する向きなど工夫してください。

防犯のコツは、周りから車内が見られないようにすることです。

車中泊に適した自動車の紹介

50代夫婦に人気の車

人気車種は、快適な車中泊を楽しむための条件を備えています。

ハイエース
フリード
スペーシア

フルフラットにできる車内空間の魅力

車内をフルフラットにできる車は、寝心地の良い空間を提供してくれます。
快適な睡眠環境を求める方におすすめです。

新車・ニューモデルの車中泊に適した車

最新の車両は、快適性や安全性が向上しており、車中泊に適した機能が充実しています。
今年のニューモデル車を、チェックしてみましょう。

夫婦で楽しむ車中泊のコツ

運転と休息のバランスの取り方

運転と休息のバランスを上手に取りながら、安全に楽しい旅を過ごしましょう。

2人だけの時間を楽しむためのアイデア

車中泊は二人だけの時間を大切に過ごす良い機会です。

星空を眺めたり、手料理のディナーを楽しんだり、思い出に残る時間が作れます。

夫婦で共有できる車内活動

音楽を聴いたり、読書をしたり、写真撮影など、夫婦共通の楽しい車内の過ごし方を充実させましょう。

季節に応じた車中泊の楽しみ方

季節ごとの服装と対策

季節によって服装や必要なアイテムが異なります。

快適な車中泊を過ごすために、季節に合った対策をします。

冬場の車中泊への暖房対策

冬場の車中泊は寒さ対策が重要です。
暖房器具や暖かい寝具を用意して、快適な夜を過ごしましょう。

夏場の虫除け対策と涼しく過ごす方法

夏場の車中泊は虫除け対策が必要です。
虫取りネットや虫除けスプレーを用意して、快適な夏の夜を過ごしましょう。

まとめ

足早ではありますが、ざっと車中泊の楽しみ方を紹介しました。

私たちが車中泊を始めた理由は、ホテルの予約問題がいちばんでした。

突然決まる休日に、予約を入れるとすでに埋まっていたり、空いていても高額だったりしました。

それで怯んで我慢することも多かったのが、ある時、車中泊も楽しいのでは?と思ったのがきっかけです。

初回の車中泊で私は眠れましたが、夫は眠れなかったそうです。

無理もありません。

車内環境が車中泊向きではない。
・眠る背中がゴツゴツする。
・足を伸ばせない。
・防犯が問題ないか怖い。

・その場で買った枕が合わない・・・など

こうしたいろんな問題がありました。

けれど・・・

・手軽に行けること
・コストが掛からないこと
・いつでも旅に出られること
・・・など

魅力もたくさんありました。

車中泊の回数を重なるごとに、環境がどんどんと良くなっていきます。

こうしたことを考えると、いつもワクワクと楽しいのです。

みなさんもぜひ、「車中泊ライフ」を楽しんでほしいと思います。

お買い物は世界のAmazon
amazonロゴマーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)