【初心者向け】車中泊キャンプの魅力と「場所選び」「注意点やマナー」「快適に過ごすためのポイント」を紹介!

    ・車中泊キャンプには憧れるけど、実際にどうすればいいの?

    ・準備など、大変そう…

    ・駐車場所や、安全面やマナーについても心配… 

    車中泊キャンプにチャレンジしたいけど、わからないことが多くて不安に思っていませんか?

    車中泊キャンプは、ルールマナーを守り、適切な行動を取ることで、ほとんどの悩みから解消されます。

    また、快適さを求めるなら「車中泊グッズ」をうまく活用することです。

    自分の「お気に入り」に囲まれることは、車中泊での幸福度がグーンと上がります。

    私たち夫婦の紹介はこちらから

    妻である私「旅するのん」
    10代から50代になった今までに、国内外と色々と旅をしてきました。
    (車中泊で日本一周は、3回経験あり)

    夫の「ミノルバ」
    結婚して、旅好きの妻に釣られるよう、夫婦で一緒に旅を楽しんでいます。

    のん

    今回、「車中泊キャンプ」の初心者に向けて、車中泊キャンプの魅力や、ルールマナーを守り、安心して旅を楽しめるコツをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

    ・車中泊キャンプの魅力
    ・「場所選び」、「注意点やマナー」
    ・車中泊「不便」や「不快」を解消
    ・安全で快適に過ごすためのポイント

    この記事を読んだら、車中泊キャンプ不安が解消され、安全で、自由で、快適な旅が楽しめますよ。

    車中泊キャンプの魅力を紹介!

    車中泊キャンプの魅力は、何と言っても自由に行動できることです。

    時間場所に縛られないことに加え、宿泊費(ホテル代)が掛からないなど、メリットがたくさんあります。

    車中泊ドライブ

    自由気ままな旅

    「どこかに旅したい…」と思ったら、すぐに行けてしまうのが車中泊キャンプの最大の魅力!!

    早朝、誰もいない湖畔で釣りを楽しんだり、夜は満天の星空を眺めたりなど、非日常の体験楽しめます。

    ミノルバ

    朝早くから釣りを楽しんで来たよ!

    発見!隠れスポット

    ガイドブックに載らないような秘境温泉や、偶然見つけた山奥のなど、今まで知らなかった場所に訪れることも楽しみのひとつです。

    また、大自然の美しさにふれたり新しい人との出会いがあったり日常を忘れて心身ともにリフレッシュすることもできます。

    【宿泊費】の節約

    車中泊キャンプは、宿泊費(ホテル代)が掛かりません。

    また、ホテルのチェックインチェックアウトの時間を気にする必要もありません。

    浮いたお金と時間は、現地の美味しい料理観光に充てることができます。

    「場所選び」と「注意点やマナー」

    車中泊キャンプでは、「場所選び」「注意点やマナー」が大切です。

    「車中泊OK」な場所を見つけたら、ルールマナーを守り、周囲への配慮を忘れず静かに過ごします。

    車中泊する場所

    車中泊するには、「OKな場所」「NGな場所」とあります。

    駐車スペース

    車中泊OKな場所

    車中泊可能な場所は、大きく分けて以下の3種類があります。

    ・オートキャンプ場: 車中泊を前提とした設備が整っているので、安心して利用できます。

    ・道の駅: 一部の「道の駅」で、車中泊が許可されています。
    ただし、長時間の滞在やマナー違反には注意が必要です。

    ・RVパーク: 日本RV協会が認定した、車中泊に適した施設です。
    快適な設備が整っていることが多いです。

    *ただし、それぞれの場所によってルール利用条件が異なるため、事前に必ず確認しましょう。

    車中泊NGな場所

    以下の場所は、一般的に車中泊が禁止されているか、または推奨されない場所です。

    ・私有地: 無断で駐車すると、不法侵入になる可能性があります。

    ・路上: 駐車違反になるだけでなく、騒音や排気ガスなどで周囲に迷惑をかける可能性があります。

    ・公園やスーパーの駐車場: 車中泊を禁止している場所が多く、トラブルの原因になる可能性があります。

    実際に車中泊可能かどうかは、以下の方法で確認できます。
    • 公式サイトやアプリで確認: 各施設の公式サイトや、車中泊スポットを紹介するアプリで、車中泊の可否やルールを確認できます。
    • 電話で問い合わせ: 直接施設に電話で問い合わせることで、より詳しい情報を得られます。
    • 現地で確認: 施設の入口や駐車場に、車中泊に関する案内板が設置されている場合があります。

    参考になるサイト

    • Carstay: 全国各地の車中泊スポットを紹介するプラットフォームです。
    • くるま旅クラブ: 日本RV協会が運営する、車中泊に関する情報が充実したサイトです。

    【騒音】に注意!

    エンジン音ドアの開閉音車内で何気なく発する話し声や音楽も、周囲の人にとって迷惑になることがあります。

    特に、夜間は音が響きやすく安眠を妨げてしまうことがあります。

    周囲への配慮を忘れずマナーを守って過ごしましょう。

    「ゴミ」は持ち帰りが基本

    思いやり

    一人ひとりがゴミ問題に責任を持ち、環境に配慮した行動を心がけます

    ゴミを減らす工夫も、大切です。

    例えば、食材は必要最小限にし、使い捨て容器を避け、マイボトルマイ箸を持参するなどします。

    「道の駅」「サービスエリア」で、外部からの大量のゴミを捨てることはマナー違反です。

    自分たちで出したゴミは、持ち帰りましょう。

    車中泊の「不便」と「不快」を解消

    快適な車中泊キャンプにするためには、事前の確認がとても大事です。

    特に、トイレ水道虫除け対策においては、入念に行います。

    これらの対策をしっかり行うことで、より快適な車中泊が楽しめます。

    トイレ問題を解決!

    佐賀〜長崎移動SA

    必ず事前に「利用可能なトイレ」の場所をチェックしましょう!

    「道の駅」「サービスエリア」「コンビニ」など、24時間使える場所リストアップしておきます。

    Googleマップで「トイレ」と検索して、調べるのも便利です。

    水道を確保する

    飲料水は多めに持参し、生活用水として使える水道のある場所を確認します。

    もしものために、ポリタンク折りたたみ式のバケツがあると便利です。

    「虫」対策は必須!

    車中泊防虫ネット

    車中泊では、虫に泣かされることも多いです。

    「防虫ネット」「虫除けスプレー」を使って、「虫除け対策」をしましょう。

    安全で快適に過ごす

    ・安全で快適に過ごしたい!
    ・車中泊でぐっすり眠りたい!

    そんな願いを叶えるためのポイントを、紹介します。

    プライバシーを守り、安眠できるグッズ

    車中泊車内

    車中泊では、サンシェード遮光カーテンを使って、車内を見えなくする工夫をします。

    また快適な睡眠のためにも、シュラフマットを準備することで、安眠できる環境が整います。

    プライバシー保護安眠のために、便利なグッズを活用すると良いです。

    【防犯】安全対策を忘れずに

    防犯ブザーロック忘れずにします。

    また、人通りのある明るい場所に駐車するのもポイントです。

    アウトドアショップなら「便利グッズ」が揃う!

    安全で快適に過ごすには、アウトドアショップで購入できる「便利グッズ」を使うことが安心への近道です。

    また、用途に応じたグッズを探したり、自分好みのアイテムを見つけたりすることは、車中泊キャンプの充実にも繋がります。

    車中泊グッズが揃う!アウトドアショップ

    まとめ

    今回は、「【初心者向け】車中泊キャンプの魅力と「場所選び」「注意点やマナー」「快適に過ごすためのポイント」を紹介!」について、紹介しました。

    ・車中泊キャンプの魅力 …自由気ままでリーズナブル
    ・「場所選び」、「注意点やマナー」 …
    車中泊可能な場所・ゴミ・騒音に気を付ける
    車中泊「不便」や「不快」を解消 …
    トイレ、水道、虫除け対策
    ・安全で快適に過ごすためのポイント
     …安眠グッズ、防犯グッズの活用

    これらを参考にすることで、車中泊キャンプへの不安が解消されます。

    準備が整ったら、あなたも今日から車中泊キャンパーです。

    安全で、自由で、快適な車中泊キャンプの旅へ、行ってらっしゃい!

    広告

    アウトドア車中泊キャンプ完全ガイド

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

      CAPTCHA


      日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)