永遠に愛される絵本『11ぴきのねこ』:三世代にわたる冒険と人気の秘密

永遠の愛され絵本『11ぴきのねこ』
永遠の愛され絵本『11ぴきのねこ』

「11ぴきのねこ」(作・馬場のぼる)が、1967年に出版されました。

50年以上も前のこと、です。

全6冊シリーズの最終巻「11ぴきのねこ どろんこ」が出るまでには、30年もの月日が流れています。

親子三世代、50年以上の長きに渡って愛される人気のシリーズです。

今回は、「11ぴきのねこ」について紹介します。

  • 「11ぴきのねこ」あらすじ
  • 「11ぴきのねこ」作者の紹介
  • 「11ぴきのねこ」が愛される理由
  • メルカリで考察!
  • 売るための秘訣
  • 絵本せどりの方法
  • 絵本「11ぴきのねこ」のまとめ

「11ぴきのねこ」あらすじ

クマと花

 「11ぴきのねこ」シリーズ 対象:3歳児から

あらすじ

とらねこ大将と10ぴきの”のらねこ”の全部で”11ぴきのねこ”たちの愉快な冒険物語です。

このねこ10ぴきは、いつもとらねこ隊長に引き連れられ行動します。

絵本としての常識を破り、道徳的で綺麗ごとなお話は一切出て来ません。

このねこ達は、私たち人間と同じで欲深く、ちょっとずるいところがあります。

しかしいつもどこかが、抜けています。

えーっ!?と思うのですが、許せるおもしろさなのです。

このねこたちは、いつも全力で楽しみます。

シリーズ1冊目「11ぴきのねこ」は・・・

お腹の空いた”ねこ”たちが、巨大な魚を捕まえるお話です。

そこまでのストーリーが、笑えるのです。

さて、大きな魚を釣ったこの”ねこ”たちはどうするのか・・・。

結末を知った子供たちは、たいていは大喜びします。

絵本を読むクマちゃん
絵本を読むクマちゃん

このシリーズは6冊ともすべて、どれも引けを取らないおもしろさです。

お好きな本から読んで、大丈夫です。

楽しむことに対してエネルギッシュで楽しむ事に貪欲。

そこから生まれるお話の数々はスケールが大きくて予想もつかない展開。

そして大笑いします。

ハッピーエンドとは、程遠い・・・。

その結果・・・

子どもたちは大喜びします。

繰り返し読まれる絵本の、「代表作」となりました。

「11ぴきのねこ」作者の紹介

馬場 のぼる(ばば のぼる)

1927年 青森県三戸町生まれ

漫画家を志しました。

その後、少年漫画が「活劇」ものが主体となり「私の体質に合わなくなった」として”絵”を存分に見せることができるとして絵本作家に移行されます。

やなせたかしさん長新太さんら10人の漫画家とともに「漫画家の絵本の会」を結成します。

1967年に出版された「11ぴきのねこ」で サンケイ児童出版文化賞受賞

絵巻えほん11ぴきのねこマラソン大会」では、イタリアの子どもたちが選ぶ「エルバ賞」を受賞。

「11ぴきのねこ」が愛される理由

すでに50年以上も前である1967年に、シリーズ1冊目の「11ぴきのねこ」が発行されています。

親子3世代で、読み継がれているご家庭も多いことでしょう。 

「11ぴきのねこ」シリーズは、全部で6冊あります。

・11ぴきのねこ

・11ぴきのねこ ふくろのなか

・11ぴきのねことあほうどり

・11ぴきのねことぶた

・11ぴきのねことへんなねこ

・11ぴきのねこ どろんこ

いつまでも人気の絵本です。

人気の理由

人気の秘密は、この”ねこ”たちの「のん気」で「愉快」なところです。

読んでいて、本当におもしろいのです。

理性は持ちながらつい本能のままに動いてしまうのは、子どもたちだけじゃなく大人だってそうです。

大人の方でも、十分に楽しくておもしろく読める絵本です。

また「キャラクターグッズ」としても、人気があります。

作者の馬場のぼるさんは、「絵」で表現したいと言って”絵本作家”になった方です。

キャラクターとして見ても、魅力的なキャストがたくさん登場します。

誰が見ても、和みます。

それが受けて、女子高校生やOL、保育園の先生など持っている人も多いです。

キャラクターグッズ
キャラクターグッズ

初版から半世紀以上も経っているのに、人気は一向に衰えません。

メルカリで考察!

11ぴきのねこメルカリ絵本
11ぴきのねこメルカリ絵本

11ぴきのねこ」シリーズの絵本は、いまだ不動の人気です。

関連商品を見ても、どれも安くでは出品されていません。

11ぴきのねこキャラクターグッズ
11ぴきのねこキャラクターグッズ

私が見てきた「11ぴきのねこ」シリーズの絵本は、補修がしてあるものでも多少安くすることで問題なく売れています。

11ぴきのねこ補修
11ぴきのねこ補修

破れていても読めるのであれば、売れていくのです。

売るための秘訣

この「11ぴきのねこ」シリーズは、出品すれば必ず売れる人気の絵本です。

売れないとしたら、”値段”か”状態”の問題です。

しかし、値段もそこまで安くしなくても売れていきます。

状態があまりに不衛生な感じがするものだと、売れないようです。

少しの破れや傷み、書き込みは許容範囲です。

そのためBOOKOFFメルカリで安くで見つけたら、購入しても良いと思います。

読んでしまって手放したい時でも、売却の際でも十分に価値があります。

自分が楽しんだ分を送料や手数料を引いたとして、購入時の金額は戻ってくるくらい値段の変動が少ない絵本です。

                       

キャラクターグッズの売り方

絵本と違って、キャラクターグッズを売る時は注意が必要です。

絵本は、内容そのものに価値があります。

そのため多少の「使用感」があっても、読めればそこそこ売れていくものです。

一方のキャラクターグッズは、やはり新品並みの状態でなければ値段は下がります。
中古品になりますので、工夫しないと高くでは売れません。

見た目は同じ「11ぴきのねこ」ではあるのですが、カテゴリとして違うからです。

11ぴきのねこ」のキャラクターグッズは、靴下、文具用品、バッグ、小物入れ、マグカップなどたくさんのものがあります。


どのグッズも、そばに置いておきたくなる可愛いものばかりです。

お店でついつい買い込んでしまった時に、メルカリで出品する場合は、組み合わせすることで売れ行きが変わってきます。

新品・未開封ならOK!

11ぴきのねこ」シリーズのグッズは、新品の状態であればそこまで値段は落ちません。

メルカリ11ぴきのねこ新品グッズ
メルカリ11ぴきのねこ新品グッズ

手放しても良いと思える日まで、大事にしまっておいても良いでしょう。

大切にしまう
大切にしまう

いつか大切な人に贈る日が来るかもしれません。

絵本せどりの方法  

絵本が好きな人は、メルカリをよく見ると良いですよ。

とてもお得に買えることが、よくあります。

理由は、お子様の成長とともに手放す人が多いからです。

まとめて出品される人もいますので、メルカリでこまめに見ていると”良い出会い”があります。

絵本は、多少傷んでいても売れていきます。

ただ不衛生な状態だと、売れませんのでその点は気をつけてください。

絵本「11ぴきのねこ」のまとめ

今回は、私も大好きな絵本「11ぴきのねこ」を紹介しました。 

半世紀以上も愛される絵本というのは、なかなかありません。

ずいぶんと時間が経っていますが、子どもたちに愛される絵本には共通したものがあります。

それは、子どもたちが心から楽しめることです。
”こうあらねば!”といった固定観念もなく、ただただ楽しくて「好き」だと思う絵本です。

このような素晴らしい絵本を世に輩出してくださった、馬場のぼるさんにも敬意を表します。

11ぴきのねこ」の絵本に影響を受けて育った子どもたちの中からも、絵本作家になる人もいるでしょう。

そのようなことを考えると、絵本の世界には夢と希望と期待とがあふれて「ワクワク」が止まらなくなります。

これからもまた1冊でもより良い絵本に、皆様が出会いますように。