子供が夢中になる空想の世界『かいじゅうたちのいるところ』の魅力〜メルカリで探す〜

子供が夢中になる空想の世界『かいじゅうたちのいるところ』の魅力〜メルカリで探す〜
『かいじゅうたちのいるところ』

4歳児・5歳児の男の子に人気の絵本

かいじゅうたちのいるところ」。

世界中で2000万部売れたベストセラー「かいじゅうたちのいるところ」が出版された時の話です。

当時は、教育的な観点から”親たちから批判の多かった作品”でした。

いたずらして遊ぶ主人公マックスを、お母さんが寝室に閉じ込め「夕ご飯なし」。

今では、虐待と言われかねませんね。

しかしこの後、世界中で愛される絵本になっています。

その魅力について、語ります。

また今回は、絵本好きの「メルカリ主婦」目線で購入や出品する時の”注意点”や”コツ”なども紹介していきます。

「かいじゅうたちのいるところ」あらすじ 

「かいじゅうたちのいるところ」

かいじゅう
かいじゅう

あらすじ 対象:4~5歳児向け

 あるばん主人公のマックスは、部屋でいたずらを始めます。

 大暴れするマックスに、お母さんはカンカン。

 それでも懲りないので”夕食抜き”で寝室に放り込まれました。

 そこからマックスの冒険が始まります。

 夢想の世界でマックスが大暴れ。

 意外な展開のラストシーンに心が温まります。

著者・モーリス・センダック 初版発行日 1963年4月9日

 1966年「いるいる おばけが すんでいる」として日本で”初出版”

 1975年「かいじゅうたちのいるところ」に、訳・じんぐうてるお 出版

世界で2000万部!

「かいじゅうたちのいるところ」は、世界中で2000万部のロングセラー。
日本でも、100万部を越す人気の絵本です。

人気の秘密

子どもたち、特に”4歳児”や”5歳児”の男の子に大人気の「かいじゅうたちのいるところ」です。

人気の秘密は、空想の世界で自由に動き回る、主人公”マックス”のノビノビとした行動からです。

大海原をわたり、渡った先で遭遇するかいじゅうたちを自分の思う通りにあやつります。

読んでいると、まるで自分が王様のような気持ちになれる場面が次々に続きます。

好き放題に暴れ回る主人公に、子供たちは自分を重ね合わせ清々しい気持ちになるのでしょう。

マックスを見ていると、気持ち良いほどの暴れっぷりで爽快感があります。

主人公と同じ目線で入り込む

子供たちは、絵本を通してその世界に入り込みます。

何もかも自由な世界で、自分の思った通りのやり方で、かいじゅうを家来にするマックス。

大暴れするマックスの破茶滅茶(はちゃめちゃ)な行動に、とても惹かれるのです。

スカッと爽快

現実ではとうてい叶わないような世界が、「かいじゅうたちのいるところ」にはあります。

おもしろい点は、大きくて、強くて、怖いかいじゅうを、思ったように動かすシーンでは、あえて文章が書かれてありません。

「絵」だけ、です。

このシーンは、子どもたちの”想像”を膨らませる時間なのです。

読み聞かせをする時は、こうした時間を十分に置きます。

ラストシーンのあたたかさ

主人公が思い切り、好きなように暴れ回ってからの話しの展開も素晴らしいです。

絵本のストーリーから想像もつかない、意外なラストシーンが待っています。

こうした意外性も、子供たちの心を掴んでいるひとつです。

私たち大人も、子供たちがこの世界で絵本を楽しんでいるかと思うと幸せな気持ちになります。

そうして読み終えた後は、いつも温かい気持ちになるのです。

長く愛される理由

4~5歳児向けで推奨される「かいじゅうたちのいるところ」です。

我が家は、寝る前の一冊として読んであげていました。
毎晩、眠る前に「読んで」と持ってくるようになりました。

我が家で、トップクラスの人気の絵本です。

幼い頃の子供たちというのは、大人がたずねても何がどうおもしろいのかは言葉にできないでいます。

でもその世界から、ずっと目を逸らさないで見続けます。

どうやら”主人公マックス”と、”自分”を重ねてるようです。

読み聞かせてみて

私が「読み聞かせ」をしてみての、感想です。

子供は、4歳や5歳にもなると”空想力”がとても豊かになります。

「ごっこ遊び」のように、誰かに成りきった遊びも増えてきます。

毎日のように、大人が思いもつかないような想像をしているのです。

そのような時期に読む「かいじゅうたちのいるところ」の世界は、子供たちの憧れです。

感想をうまく言葉にできない子供たちでも、その表情から伝わってくるものがあります。

メルカリ視点で見る絵本

ここで、メルカリでよく絵本を探している「メルカリ主婦」としてのこの絵本の評価です。

メルカリで「絵本」のカテゴリをよく見ています。

ロングセラーの絵本は、安価で手に入れやすい特徴があります。

中古絵本の価格は、作品の内容によって決まるわけではありません。

発行部数の数から、絵本の値段は左右されます。

発行部数が少なくて、新品では手に入らない人気商品となると価格は高騰します。

かいじゅうたちのいるところ」は、今も新品で売れ続けています。

かいじゅうたちのいるところ
緑の波形が動くごとに売れています

小さなお子さんのご両親や、祖父母の方などが購入されているのでしょう。

加えて、保育園や幼稚園の先生なども購入されている絵本です。

絵本はいろんなことを教えてくれる

絵本は、いろんなことを教えてくれます。

絵本を読むと感情が豊かになり、相手の喜びや悲しみに共感することができます。
ファンタジーや創作童話などは、現実にはないワクワクやドキドキ感があります。

素敵な絵本は、何冊でも手元に置いておきたいものです。

メルカリから、安くで!

中古絵本でも、新品のように綺麗な状態の絵本もあります。

絵本を好きな人は多く、「何冊も購入している」という人が多いです。

新品より、少しでも安くと思われる人も多いのがメルカリ購入者です。

「新品」「未使用に近い」の状態なら、新品の価格より少し安くして売れることも多いです。

新品なみに綺麗な絵本
新品なみに綺麗な絵本

絵本を出品する時のコツ

メルカリで絵本を出品する場合、ちょっとした”コツ”があります。

それは、1冊で出品をするよりも複数冊の方が売れやすいし、まとめた分送料が安くなることがある点です。

今回の「かいじゅうたちのいるところ」だと、「4歳児」「5歳児」「男の子」と対象を絞ることで、複数の「人気の絵本」としてまとめて売ることもできます。

5歳児絵本
5歳児絵本

絵本が好きであれば、セレクト絵本としてまとめて出品すると喜ばれますし売値も高くで売れることがあります。

セレクト絵本
セレクト絵本

「BOOKOFF」や「メルカリ」で購入する場合は、1冊数百円で売られていることも多いです。

ブックオフかいじゅうたちのいるところ
ブックオフかいじゅうたちのいるところ

このようなロングセラーの絵本は、他にもたくさんあります。

その場合は、「名作絵本」としてまとめて出品しても売れます。

いつまでも取っておきたい絵本

私たち大人でも、幼い頃に読んで忘れられない絵本があります。

大人になっても懐かしくて、自分用にまた購入される方もいます。

私たちが育ってきたなかで、絵本は人生のそばでいつも存在しているのですね。

何年も、何十年も愛され続ける絵本に、まだ幼いお子様が触れられるということは「特別」で二度とはない「貴重な時間」です。

いつまでも、その子供の心に優しく残り続ける絵本をこれからも選んであげたいです。